2月 222015
 

前回に続いて三脚レビューです。
雲台レビューっぽい感じになりますが。

IMG_4220
今回レビューするのは三脚部が見切れている一番右のやつになります。
さて、一番書くことの少ない三脚部から。

IMG_4097
055CXPRO3とMB MAG80PN(三脚バッグ80cm)

Manfrottoの型番ですが、これから結構多くのことが分かります。
この型番の場合、055シリーズのカーボン(CX)三脚で脚は3段という風になります。
4段になると収納サイズが短くなるんですが、段数が多いと一番下の脚が細くなるので3段にしました。
スペックには変わりないんですけどね。

さて、この三脚、スチル撮影用の三脚になります。
ですので、センタポールである程度高さ調整が可能になっています。
が、それだけではありません。写真で見ていきましょう。

IMG_4173
センターポールを止めているネジを緩めます。外れない程度まで緩めた方が後でやることが楽になります。

IMG_4174
センタポールを限界まで伸ばすと、ここで止まります。
そして、センタポールの下端に赤いボタンのようなものがありますので、これを押します。

IMG_4175
押したまま引っ張るとこのように赤い部分が飛び出ます。

IMG_4176
横に倒して

IMG_4177
バランスの取れるところまで押し込んでネジを締めたら固定完了です。
これを使うことで、真上からの撮影とかが出来るというわけです。

脚ですが結構開くことが出来ます。
シルバーの金具っぽいものをグッと脚の先端側に向かって押しながら脚を開くと
IMG_4242
これぐらいまで開いて、高さを下げることが出来ます。
金具を押すときは脚が閉じてる状態から押して、開く、というようにしないと押せません。
開いた状態で屋ったら金具が押せなくて不良品かと思ったぐらい。

他にはイージーリンクという三脚にちょっとしたアームとかを固定出来るネジがあります。

IMG_4178
このキャップを
IMG_4179
ぱかっと外すとメスネジ、3/8”ネジなら何でもいけそう。外部ストロボとか定常光とか付けると良いのかな。

三脚と言えば、水平を取る必要がある場合がほとんどだと思いますので、ちゃんと水準器が付いています。
IMG_4164
雲台を付けても見やすい位置に回せるので水平を取るのに便利です。

以上、三脚でした。

あ、忘れてた。
脚を伸ばしたり収納したりでロックする機構はManfrottoサイトによると「クイックパワーロック」システムというらしく
パチンと簡単にできるようになっています。
IMG_4130
こんな感じでパチンと開く、締めるときは、押してやればパチンとロックされます。
ロックするときに指などを挟まないように注意してください。
挟んだことないですが、音を聞く限りでは結構痛いと思います。

以上、今度こそ三脚は終わりです。

 

次は雲台、MHXPRO-3Wです。

IMG_4093
アルミニウム3Way雲台になります。

これ、レバーを短くすることができ、収納状態にすると
IMG_4094
こんな感じ。

そして、この雲台、ここまでの写真に写っているシルバーの部分が回せるようになっていて
これは何かというと、フリクションコントロールになっています。

フリクションコントロールってなに?日本語訳だと摩擦制御になるのかな?
雲台で水平取ったり、構図を決めたりする際、レバー緩めて構図決めてレバーを締める。あぁ!ずれた!ってことありません?
それを解決するのがフリクションコントロールです。

+側にぐるぐるっと締めてやると
IMG_0062
載ってるものの重さにも寄りますが、レバー緩めてるにも拘わらず、これぐらいならガッと止まります。
うまいこと調整すれば動画撮影なんかにも使えそうですね。

雲台とカメラの固定はクイックプレートで行います。
プレート型番が200PL、1個は雲台に付属ですので必要に応じて買っておくと良いかもしれません。
こいつの外し方が慣れないと外せなかったり、カメラを落としたりするかも。
IMG_4168
黒い樹脂っぽい部分を押しながら
IMG_4169
グレーのレバーを手前に引いて、黒い樹脂っぽい部分を押すのを止めるとプレートが押し上がります。

IMG_0054
締めるための金具が付いているので、コイン等は必要なくなりました。
方向が決まっているので、取り付けたい方向を間違えないようにつけて

IMG_0055
パチン、とこれだけです。
パンケーキレンズだとなんか変ですね。

IMG_0058
イヤッフー!!かっこいい。やっぱり望遠ズームレンズの方がバランスが良い。

さて、他には…
そうそう、ちらちらと写ってますが水準器付いてます。割と見やすいところに。
IMG_4165
3軸分ついてます。

以上、雲台でした。

最後にバッグ(MB MBAG80PN)ですが、ほんと書くことないなこれ。

IMG_4129
MHXPRO-3W + 055CXPRO3がぴったり収まります。

IMG_4141
ファスナー閉めて、逆さまにしてこんな感じで壁に立てかけておくことが出来ます。便利!
三脚+雲台合わせて5kg程ありますが、三脚バッグに入れるとえらい軽く感じます。
それなりに良い作りをしたものはカメラバッグでもなんでも背負ったりしたときに軽く感じるものです。
左はまた次の機会に説明する大型三脚のセット。

写真撮影で、三脚は結構重要です。
マクロ撮影、長時間露光、星野写真、スポーツ等々三脚が大活躍しています。
カメラをがっちりと固定する。良い物が欲しくなるものです。
もっと大型で良い物があるにはあるのですが、手持ちの機材、これから買う予定の機材等考えた時に、これがベストだと思い、この三脚+雲台に決めました。
# 三脚だけで10万overとかそう言うモノもあったりするんですけどね…

自分に合った三脚を選んで買ってもっと写真の世界を楽しみましょう。

以上、3点セットのレビューでした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)